2007年11月23日

今日の喜び

今日、またしても新たな喜びを感じる事が出来ました。
今、一緒に仕事を始めた東京のパートナーの言葉です。
この方の会社と弊社は、一心同体といえる程、強固な業務提携をしています。
何をやっているかと言うと、九州の新しい商業施設やアミューズメント施設の開発です。
たまたま、ある仕事で、この方を福岡にお呼びして、プロジェクトメンバーと打ち合わせを行いましたが、折角福岡に来て頂けるので、別の案件を紹介しました。
この案件は、多分、福岡に住んでいる人は全員知っている様な有名なプロジェクトです。
たまたま、このプロジェクトを推進している方と知り合う機会があり、助けて欲しいとの依頼があった為に、今回、何かお手伝い出来る事があればと思って、業務提携先の彼を紹介致しました。
そこで、この話を聞いた彼が、その後、二人で飲んでいる場で話をしてくれた言葉に感動しました。

「実は、さっき紹介された方のお話をお伺いして、正直鳥肌が立ちました。」
「そして、ミーティングが終わった後、妻に連絡して「自分の生涯を掛けてやりたい仕事が出来た。お金にならなくても、その仕事に全力投球してみたい。暫く、お金に不自由を掛けるかも知れないが、許してもらえるか?」
奥さんは、「あなたがやりたいのなら、暫く子供を連れて実家で暮らしても良いので、やってみたら」と言ってくれたそうです。

前回の山元さんもそうですが、私は、こんな気持を持って仕事を一緒に出来る人と出会えた事を誇りに思います。

この方は、普通に働けば年収数千万~億単位のお金を稼げる人です。
そんな人が、良い仕事をしたいという気持で、お金をもらえなくても、私と一緒にこの仕事をしてみたいと言ってくれた事に感動しました。

私と私と同じ気持を持った仲間は、決してお金で魂を売りません。
自分自信が納得出来る仕事が出来る事が最大の喜びです。

対価を求めずとも、」私は、本当に価値のある仕事をし続けていれば、必ずお金にも結びつくと思っています。

私は、この人達のプロとしての拘りに心から敬意を表して、この人達の仕事に対する適正な評価と報酬を作る事が、最大の責任と決意しました。

そして、これを実現する事が、私の人生に豊かで幸せな気持をもたらしてくれると確信しました。


  


Posted by 中村政史 at 02:38Comments(0)