Posted by at

2007年03月29日

自信喪失

自分が絶対的に自信を持っている事を否定される事があります。
私の例で言うと、ホームパーティや交流会、成功する経営者の考え方や営業手法などです。
ホームパーティや交流会などは、学生の時から20年以上続けていて、様々な著名な経営者や誰もが知っている芸能人など多数の方々が私の主催するイベントに参加して、いまだに「あの時のイベントは最高だった」と言われたりします。
また、経営者の考え方については、お話をお聞きしたり、直接交流のある経営者の数だけ言うと、福岡でも上位にいると自負しています。
営業手法に関しては、日本と米国のIT系TOPメーカーでTOPセールスになって表彰された経験があり、自分なりには自信を持っています。
しかしながら、最近、私の考え方を否定される事が何度かありました。
一言で言うと、「東京では通用するかも知れないが福岡では通用しない」というような内容です。
東京の成功者に私が主催したイベントのビデオを見せると、心から評価してもらえるのですが、福岡の人に見せると、沢山駄目出しをされます。
必ずしも、東京の文化を福岡に押し付ける気はさらさらないのですが、やはり、落ち込みます。

福岡にいる以上、福岡の人に共感してもらえる様に自分の考え方を変えるべきだと思う反面、福岡を国際都市として逆に東京や海外から来た人が「レベルが高い」と思ってもらえるようにした方が良いと思う気持と悩んでいます。

今、東京や海外の「高感度」の人達に福岡を注目してもらおうと画策しているところで、私はどうすべきなのかをゆっくり考えてみたいと思います。
  


Posted by 中村政史 at 23:34Comments(5)

2007年03月26日

億万長者の趣味

東京の億万長者の新居にお邪魔してきました。
この方の趣味は映画と音楽です。
場所は、原宿の近所で、そのお宅は数億円かけて作った雑誌に出てくるような全て内装が白とガラスに統一された物凄くお洒落なお宅でした。



その中でも特に凄いのが、専用のホームシアター兼オーディオルームです。
様々な音楽堂やコンサートホールを設計した有名な設計士に特別に設計させたこの専用ルームには、世界中から集めた名機と呼ばれる機材を全て組み合わせて最高の映像と音楽が視聴出来る空間になっています。
この専用ルームだけでも○億円掛かっているそうです。

この機材の前にスクリーンが下りてきて、ホームシアターになります。

で、そのホームシアターの感想ですが、言葉に表せない程、凄い!!
鮮明な音と映像の迫力は、今まで体験した事がない空間でした。


  


Posted by 中村政史 at 17:13Comments(0)

2007年03月19日

凄い人には凄い人が集まる

お世話になってるピナクルの安田育生会長のもとに、年に数回お邪魔しますが、このピナクル社には、本当に凄い方達が集まっています。
以前から知り合いの菊地さんや鏑木さんをはじめ、福岡で何度かご一緒した湯根さん、そして福岡であるお仕事をご一緒させて頂いた大島さん、最近、色々な相談に乗って頂いている山室さんなど、名刺交換だけではなく何らかの形で少し長い時間お話させて頂く機会があった方は、凄い人ばかりです。

更に、セクリタリーの方々は、飛び切りの美人揃いで、しかも物凄く優秀な方々です。

前職でも色々な偉い人のアポを取るときなど、社長秘書の方々と何度もやりとりした経験があり、自分では優秀な秘書の方を見ている方だと思っていましたが、ピナクルのセクリタリーの方々は、私の常識を覆す位、素晴らしい人が揃っています。

以前、安田会長の秘書をされていた山本さんに、「安田会長の秘書を勤める方は、さすがに一流の方ですね。レベルの高さに大変敬服致しました。」と思わず言ってしまった程です。

皆さんが、ある社長と出会って、「この社長は凄い人かも?」と思ったら、社員の方々と話て見ることをお勧めします。

その社員が凄い人なら、きっとその社長さんは「本当に凄い人」です。


  


Posted by 中村政史 at 22:13Comments(0)

2007年03月15日

予告

4月から、私自身が大変身致します。
そして、私の夢の実現に向かって、ちょっとだけ積極的に活動を開始したいと思っています。
何か変わるかは、4月に入ってからお知らせ致します。
一人では決して出来ない事なので、皆さんのご協力を切にお願いいたします。  


Posted by 中村政史 at 21:49Comments(4)

2007年03月15日

脱サラして成功するには

優秀なサラリーマンとして出世している人が、必ずしも優秀な経営者になれるとは限りません。
サラリーマンの世界で成功する人は、基本的には本当の実力よりも、上司に如何に気に入られるかとか、複数の人のチームで、あるプロジェクトを成功させた時に、そこに居た他の人の努力で成功したものを如何にも自分一人の努力で成功させたように上手にアピールするとかで出世が決まってきます。
愚直に一生懸命仕事に取り組んで、結果を出していても、上司に対するアピールが下手な人は、出世出来ない場合も往々にしてあります。
で、サラリーマンで出世して、本部長や支店長になった人は、部下が沢山出来て、その部下からおだてられるようになると、だんだんと自分は凄い人間だと勘違いして来ます。
そこで、その勘違いが進むと、独立して会社を作ってしまったりします。
しばらくは、今まで付き合いのあった取引先や、今まで居た会社から独立したお祝いに仕事が来て順調な滑り出しをしたように思えますが、1年~2年経つと、本当の実力が試される時が来ます。
そこで、多くの人が経営する事の厳しさを知り、その時、努力して踏ん張れない人は成功者にはなれません。

私が知っている、脱サラして成功者になった人達は、サラリーマンになった時、最初からいずれは独立する事を考えていて、出世の事など考えずに、独立する為に必要な実力をつけたり、人脈を作ったり、社内で自分しか出来ないような新しい事業をはじめたりしています。

  


Posted by 中村政史 at 12:39Comments(0)

2007年03月14日

福岡・九州の魅力について

私が福岡に住むようになってから、何人も東京の成功者の知り合いを福岡にお呼びしました。
福岡に来た東京の成功者の方々は、口を揃えて、「福岡は、本当に素晴らしい町」だと感想を言ってくれます。
その内の何人かは、福岡が気に入ってしまい、年に何回も福岡に訪れるようになっています。
福岡に住んでいる人よりも、東京や他の都市から来た人の方が、福岡の魅力を高く評価しています。
今、私の知り合いを中心に、福岡の魅力が口コミで広がっていて、特に東京に住む「高感度」な人達の間で、福岡が注目を集めています。
近い将来、東京生活に飽きた「高感度」な人達が、週末の度に福岡に遊びに来たり、私のように福岡に移住して来たり出来ればいいなと密かに計画を練っています。  


Posted by 中村政史 at 16:15Comments(2)

2007年03月12日

ビジスタ無事終了

先週、第10回ビジスタが無事終了しました。
第一部の講演会は、ネットプライスドットコムの佐藤社長をゲストに迎え、概算で170名の方にご参加頂き、大盛況でした。
第二部では、モデル・キャンペーガールなど美しい女性が大勢集まって、第一部とは別の意味で華やいだ雰囲気で、しかも、TVでお馴染みのケビン・クローンさんも飛び入りゲストで参加され、参加された皆さんより「今までの福岡にはない雰囲気ですごく面白かった」と感想を頂きました。

今回ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

また、お忙しい中、ゲストに来て頂いた、佐藤社長ならびにケビンさん、どうもありがとうございました。

そして、前日深夜まで準備をしてくれたビジスタCEO倶楽部の皆さん、大変お疲れ様でした。

この場を借りて、心から御礼申し上げます。  


Posted by 中村政史 at 16:11Comments(0)

2007年03月05日

東京ガールズコレクション

日本最大のファッションショーである「東京ガールズコレクション」にご招待頂き、横浜まで行って来ました。
エビちゃん・もえちゃんなど、日本の人気モデルが勢ぞろいのイベントだけに、会場の「横浜アリーナ」は全席満員でした。
ファッションショーの合間には、今話題の「DJ OZMA」のライブをはじめ、「湘南乃風」そして、何と「MINMI」のコンサートまで、たっぷり6時間以上の大イベントで、途中からは観客総立ちで、観客全員が踊りまくって物凄いエネルギーでした。
イベントの内容、進行、演出など、完璧な内容で、さすが「girlswalker」を短期間で800万人会員まで持って行ったゼイヴェル社の圧倒的な力量を実感した一日でした。
イベントの後は、何と関係者のみしか入れない打ち上げパーティにまでお呼ばれして、「大浜社長」をはじめ、役員の皆さん、出演者の方々など色々な方とお話をする事が出来ました。
このイベントに参加してみて、東京の若者のエネルギーを見るにつけ、福岡も頑張らねばと改めて感じました。
是非、皆さんで力を合わせて、東京に負けないくらい福岡からもエネルギーを出していきましょう!!  


Posted by 中村政史 at 15:39Comments(0)

2007年03月01日

自然の法則に学ぶ

今日、ある億万長者の方から、「成功する為の7つの法則」をお伺いしました。
その方は、約5年である事業を170億円まで育てた実績を持ち、現在も毎年毎年順調にその事業を伸ばして急成長させています。
お聞きした7つの法則全てが、非常に具体的で参考になるお話でしたが、特に印象深かった法則をご紹介します。
これは、「自然の法則に学ぶ」という話です。
事業活動や日常生活においても、突然の災難に見舞われる事は誰でも経験がある事だと思います。
その災難や難題が降りかかった時に、我々は、悩んだり、落ち込んだり、傷ついたりします。

そして、暫くその出来事を引きずってしまって、精神的にまいってしまう事もしばしばです。

「私は何も悪い事をしていないのに、何でこんな難題が降りかかってくるのだろう?私は本当に運が悪い」などと思いがちです。

しかしながら、「自分が一つも悪い事をしていなくても、難題が降りかかる事は、自然の中では当たり前の事です。

「例えば傘を持たずに外に出てしばらくすると雨が降ってきたり、突然寒くなったり、暑くなったり」「自分は何も悪い事していなくても、自然は勝手に難題を降りかけて来ます。」
そこで、この億万長者の成功法則の考え方は、「難題が降りかかってきた時の対処の仕方で人生の成否が決まる」というものです。
「難題が降りかかって来た時に、落ち込んだり、悩んだり、諦めたりせずに、様々な対処の方法を考えるという事が重要」との事です。

「ある時は、雨が降ってきたら、急いで家に帰って避難する事もあるでしょうし、コンビニで傘を買う事もあるでしょうし、小雨なら、しばらく濡れたままにしている事もあるでしょう。」
また、その方は、10年後・20年後に実現している成功した自分のイメージを作る事で、「現在の困難について、どのように対処をするべきかという風に考えている」との事です。

自然の法則を学ぶと、これから、何があっても「落ち込む」事は少なくなると思います。  


Posted by 中村政史 at 15:43Comments(1)