Posted by at

2009年08月31日

設立一周年

先週土曜日の8月29日に、株式会社MovAd Japanは、設立一周年を迎えました。
100年に一度の大不況の中、大しけの海に一人乗りの小さなヨットで乗り出し、一旦外海に出れば、いつ転覆してもおかしくない無謀な挑戦でしたが、現在は、中型のヨットと優秀なクルーが集まり、時間を掛ければ何とか太平洋を横断出来る位の会社となりました。

それでもまだまだ小さな会社で、船の大きさも、クルーの数も足りません。

設立2年目の目標は、MovAd号を、アメリカンズカップに出られるような高性能なヨットにして、更に優秀なクルーを集めて大海原を高スピードで自由自在に走れるような会社にしたいと思っています。

船の設計図も、ほぼ完成し、優秀なクルーの充ても出来ました。

MovAd Japanは、2年目のチャレンジへ船出します。

  


Posted by 中村政史 at 10:59Comments(7)

2009年08月25日

日経BP ITpro

本日、日経BP ITproのコラムで、弊社の事が先進的な取り組みの一つとして紹介されました。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090824/335899/?ST=ep_webpluse&P=3

現在弊社は、携帯電話を「究極のシンクライアント」と位置づけ、企業の基幹業務に活用する取組をしています。

また、同時並行的に、クラウドコンピューティング環境における、PaaSモデルのインフラとしてデーターセンターに弊社のエンジンをインストールベースで提供する取組を行っています。

従来、モバイル業界は、コンシューマ向けのサービスが中心だった為、モバイル業界の開発会社には業務系に精通した技術者が育たなかった事に加え、開発単価も基幹業務を開発するサーバーサイドのエンジニアに対して冷遇されてきたという現実があります。

我社は、私も技術の役員も元々エンタープライズ系のミッションクリティカルな基幹業務開発を行っていた経験を生かして、当初から、企業のエンタープライズシステムのフロントに携帯電話を活用したいとの想いを持って創業しました。

その想いが早くも現実の物となりつつあります。

そして、勿論、開発単価についても、サーバーサイドの業務システムを開発しているSIerと同等となります。

我社が「モバイルエンタープライズシステム」という新しい領域を作る事が出来れば、モバイル業界に従事しているエンジニアの方々の地位向上並びに、業界全体の発展に寄与出来ることと信じております。
  


Posted by 中村政史 at 14:01Comments(0)

2009年08月11日

冷夏

今年は、例年になく冷夏で、梅雨も明けないのに、お盆となってしまいました。
世の中の不況が天候にも影響しているかのごとくです。

それに対して、弊社は、暑い夏が続いております。

この暑い夏を乗り切って、収穫の秋を迎えたいと思います。  


Posted by 中村政史 at 16:48Comments(0)