2007年11月30日

私が目指す人物像

私が理想とする人物像は、多分、多くの人とは違っています。
通常は、毎日の努力を積み重ねて、その結果、何か一つの道で成功を収めた人を理想の人物像だと思う人が大半ではないかと思います。

プロ野球選手だったり、何かのスペシャリストだったり、何かの道で第一人者となる事が多くの人が考える理想の人物ではないでしょうか。

私の場合は、常に変化し続ける人物になりたいと思っています。

例えば、私は、富士通に入社して、そこで実績を残して外資系のサン・マイクロシステムズに転職して、最終GOALとしては、役員や社長になるという風には、どうも考えられなくて、サンの東京時代にプロカメラマンとしてデビューしたり、普段、仕事柄決して接点のない、芸能人などとプライベートの時間を過ごしていたり、充実していた東京生活をあっさり捨てて、自ら希望して福岡支社の設立の為、来福する事になったり、出世する事を約束に本社に帰って来いという誘いを断って、会社を辞めて福岡永住を決意し、大学教授になってみたり、大学教授を捨てて、会社を作って独立してみたり・・・・

私が福岡で会社を作って独立したと聞いた私の知り合い達は、100%過去の実績から、ITの会社を作ったのだと思っていましたが、現在、私の会社は、IT関連の仕事は一切していません。

私が目指す人物像は、「来年は何をやっているか検討もつかない」というような人物です。

前回のビジスタのメインゲストのバルスの高島社長のお話の中で、「何故、夫婦は倦怠期を迎えるのか」という話がありましたが、その答えは、「旦那又は奥さんの全てが分ってしまった時に、倦怠期を迎える」のだそうです。

恋人として付き合っていた頃には、見せなかった所、「例えば、ヨダレを出して寝ている姿や、オナラをするところや・・・・」夫婦生活が長くなれば、次第に全てを見せ合うことになって行きます。
そして、全てを見てしまったところで、「倦怠期」が訪れるのだという事です。

最近、この夫婦関係のような感情が、私一人の中にある事に気づきました。

自分という人間を冷静に見るもう一人の自分がいて、自分の全てが分ってしまった時、きっと、自分自身に対して「倦怠期」を迎えてしまうのだろうと思います。

自分自身に飽きないように、常に新しい自分を創り続ける事が出来るような人物になる事が、私の理想の人物像です。  


Posted by 中村政史 at 13:58Comments(3)