2006年07月31日

楽して億万長者

私の知ってる億万長者のほとんどが、楽して億万長者になっています。
一番多いのは、何を隠そう株です。
世界で一番有名な成功者の一人に、鉄鋼王のアンドリューカーネギー(あのカーネギーホールを作った人)がいますが、アンドリューカーネギーが最初に事業の元手を作ったのも、その当時正に発展していた鉄道会社への株式投資との事です。
私の知ってる億万長者には、株の運用を積み重ねて億万長者になった人も居ますし、たまたま 就職したベンチャー企業が上場して社員持ち株会で買っていた株で億万長者になった人や、外資系でストックオプションを貰って、億万長者になった人もいます。
ベンチャー企業を自分で起こした青年実業家の知り合いも沢山いますが、案外、忙しいばっかりで、個人的にお金持ちになった人は少数派です。(この少数派が、実は億万長者を遥かに超えた資産家です。)
ただし、株で儲けた人と自分で会社を創業して億万長者となった人では、明らかに充実感が違います。
私の知り合いの友人で、株で何と600億円の現金を手にした人がいますが、その人は、一本100万円以上の40年物のロマネコンティを1700本所蔵して、朝からロマネコンティをノルマのように飲んで、昼からゴルフに行き、夕食で、またロマネコンティを飲む生活をしているそうです。
私の知り合い曰く、「彼を見ていて幸せとは思えない」と言ってました。


  


Posted by 中村政史 at 11:45Comments(1)

2006年07月28日

苦労話は運が逃げる

私の知ってるある億万長者は、苦労話をする人は運が逃げると言っています。
多分、億万長者になった人は、過去に様々な苦労があったと思いますが、成功して忘れてしまっているのか、苦労と感じていないのか理由は定かではないですが、確かに、人生上手く行ってる人から、過去の苦労話を聞く事は少ないです。   


Posted by 中村政史 at 17:01Comments(3)

2006年07月25日

一兆円、見たことありますか?

日曜日にあるガーデンパーティにお呼ばれして行って来ました。
このパーティに集まった人達の資産を合計すると、何と一兆円を超えていたそうです。
折角の機会なので、私が主催する福岡の経営者倶楽部「ビジスタCEO倶楽部」のメンバーも一緒に誘って参加して来ました。
場所は、TVの「何でも鑑定団」のレギュラーとして「おもちゃ」などの鑑定でも有名な北原さんのお宅(湘南の逗子)です。



このお宅は、何度もTVなどで紹介されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。





ワールドビジネスサテライトのキャスターとしてお馴染みの塩田アナと記念撮影。
塩田アナは、偶然、北九州出身という事で九州ネタで盛り上りました。


ご存知、料理の鉄人「道場六三郎さん」


世界に誇る日本の時計といえば、「セイコー」
服部社長の熱唱姿です。

その他、フルキャストの平野社長・フェイスの平澤社長・ビームスの設楽社長・ドトールコーヒーの鳥羽社長などなど、億万長者を遥かに超えた成功者が一同に介したパーティでした。

最後に、「私もこんなパーティに参加してみたい!!」という方は、是非、私が主催する「ビジスタCEO倶楽部」に加入して下さいね。
皆さんの加入を心からお待ちしております。(ちょこっと宣伝させて頂きました。)
  


Posted by 中村政史 at 19:59Comments(3)

2006年07月21日

流行る飲食店の作り方

私の知り合いで、東京で次々に流行のお店をプロデュースしている人がいます。
お客さんの大半は、有名な芸能人が多く、芸能界で、この人を知らない人はいな い位、実は有名な人です。
この人曰く、「店は客が作る」というのが持論です。
お金を掛ければ、かっこいい箱を作って、腕のいいスタッフを集める事が出来、 一見それだけで、流行るお店が作れそうですが、実は、大事なのは、どんな客層が来ているかというのが重要だそうです。
初めて来たお客様は、それを見て、そ の店のグレードを決めるのだそうです。
逆にどんなに高級な店構えをしていても、来ている客の質が悪ければ、次に行きたくなくなりますよね。
  


Posted by 中村政史 at 18:30Comments(1)

2006年07月20日

面白いこと探し

私の知ってる億万長者に共通している事は、何か面白いことを探すのが大好きです。
口では大変だ大変だと言っていても、顔は嬉しそうに笑って、仕事もお金儲けも、趣味でもしているように、楽しんでいます。
一生懸命、苦労に苦労を重ねて愚痴ばかりを言っている人で、億万長者になった人は、私の知り合いにはいません。
  


Posted by 中村政史 at 10:26Comments(1)

2006年07月19日

運の良さは、伝染する。

運の良さは、伝染します。
私もそうですが、東京で生まれて東京で育った人が地方に行くと、知らず知らずにその土地の方言をしゃべっていたりします。
また、 会社や生活環境が変わると、仕事に対する考え方や生き方が変わってきます。
運の良い人と長い時間一緒に過ごしていると自然と影響されて、自分の運も良くな りますし、逆に運の悪い人と一緒にいる時間が長いと運が悪くなってきます。
  


Posted by 中村政史 at 02:05Comments(1)

2006年07月13日

億万長者になれない人の特徴その3

数字の弱い人。
簡単な算数レベルの計算が出来ない人は、ほぼ100%億万長者になれません。
日々の生活で、月々の家計がいつもマイナスになっていたる人 は、給料が増えても変わらずマイナスです。
同じ物を買うときも、どこの店でどんな支払い方法で購入すれば幾ら得かを瞬時に計算出来るか出来ないかで、将来 億万長者になれるかなれないかが決まります。  


Posted by 中村政史 at 15:22Comments(1)

2006年07月12日

億万長者になれない人の特徴その2

自分の事を実力以上に大きく見せたり、背伸びをしたりする人は、これから、億万長者を目指す上で、黄色信号です。
見栄を張れば張るほど、現実との差が広がっていきます。
億万長者に近づくには、出来る限り自然体で生きれるかが重要です。
  


Posted by 中村政史 at 09:30Comments(1)

2006年07月11日

億万長者になれない人の特徴その1

様々なチャンスに恵まれながらも、億万長者になれない人には、いくつかの特徴があります。
一つは、”ブランド好き”又は”派手好き”です。
この特徴を持っ ている人は、少しお金が入るとすぐに使ってしまい、いざお金が必要な時に使えるお金がほとんどなく、ほぼ100%チャンスを逃しています。   


Posted by 中村政史 at 10:48Comments(1)

2006年07月10日

BSCC TANABATA Night

私が発起人となって設立したBSCC(ビジスタキャンパスコミュニティ)の第二回イベントが金曜日にあって、メインゲストのデジットの舩川社長の前座で講演して来ました。
何と350名の人達が集まって、盛大なイベントでした。
参加している学生もモチベーションの高い優秀な学生が多く、皆の目がキラキラと輝いていました。
きっと、彼らの中から孫さんや三木谷さんのような日本を代表する経営者が誕生すると確信しました。
徹夜で準備にあたったスタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。
文句なく大成功だったと思います。  


Posted by 中村政史 at 11:19Comments(0)

2006年07月07日

お金をどこにかけるか

億万長者になれる人となれない人は、お金のかける所が全然違います。
億万長者になる人は、自分の感覚や感性を磨く事など、他人に見えない所にお金を使います。
また、感覚や感性を磨く為には、最初から失敗する事を想定した上で、新しい事業を試しにやってみたりして、どんなリスクがあるかを、大きく仕掛ける前 にシュミレーションしたりします。
逆に、億万長者になれない人は、自分の内面ではなく、他人に見えるところにお金を掛けます。
服装や持ち物にやたらとお金を掛けて、極度に失敗する事を恐れたり、隠したりします。  


Posted by 中村政史 at 13:20Comments(3)

2006年07月06日

小さい窓と大きい窓

よく人は議論 をして、どちらかが正しいか間違っているかを決着しようとしますが、そもそも、正しい事と間違っている事など世の中にはありません。
例えば、全く同じ場所 を指差して、別々の場所から、窓の外に何が見えるかと質問した時に、ある人は、「杉の木」が見えるといい、ある人は、「海が見える」と言う事があります。
これは、どちらも正しい事を言っているのですが、ある人がいる場所の窓からは、遠くに島影が見える場所で、窓の大部分が海になっています。
また、ある人 は、そこから見える小さな島に住んでいて、窓からは庭の杉の木一本だけが見えます。
要するにどちらの言っている事も正しいし、どちらの言っている事も間 違っているのです。
正しい事と間違っている事は、前提条件を変えれば180度逆になる。それが分かると目くじら立ててどちらが正しいかの議論をするのが馬鹿馬鹿しくなりませんか?
肩の力を抜いて、楽しく考え出すと、いやな気分になる事が少なくなります。
  


Posted by 中村政史 at 13:34Comments(3)

2006年07月05日

ライフスタイル??

よく自分のライフスタイルを人に語ったり、見せびらかしたりする人が居ます。
私の知る限り、こんな人が実は億万長者に最も遠い人です。

そもそも、自分が 快適な生活を求めていくと、自分に最適なライフスタイルが自然と作られていく訳で、億万長者のライフスタイルは極めて自然で肩の力が抜けています。

見栄を張って、人からお金持ちとかお洒落な人だと思われたい為に、無理してライフスタイルを作っている人は、余分なお金やエネルギーの無駄遣いを して、いつまでたっても、本当の億万長者にはなれないようです。
  


Posted by 中村政史 at 13:07Comments(1)

2006年07月04日

億万長者の持ち物

億万長者の持ち物や生活は、以外にも質素です。
私の知っている億万長者の中で、その人個人が自由に使える個人資産が10億円を越える2人の人を例に取る と、一人は、オメガやローレックスなど複数の時計をしていますが、実は全部ニセモノです。
この人は、自分で会社を興して何社も上場させた人物で、世間に名 前の知られた人です。
ですから、その人が決してニセモノの時計をしているなどとは、誰も思いません。(ホントかウソか分かりませんが、その時計は、ニセモ ノだけど本物だそうで、中国かどこかで、本物のメーカーの工場に勤めていた職人が本物の部品を盗んで作っているから、本物と中身が変わらないそうです。
金 額は一つ1万円位と言っていました。)もう一人は、ある都道府県の長者番付で1位になった事もある人で、よく食事に連れて行ってくれる人です。この人が連 れて行ってくれる店は、大体、商店街の中にぽつんとある様な普通の中華料理屋とかで、値段も物凄く安い店なのですが、とてつもなく美味しい料理が出てきま す。
別にケチで安い店に連れていく訳ではなく、世界中の高級店で美味しいものを食べ尽くした人が辿り着いた美味しいお店がたまたま地味な普通のお店だった のです。
私の知ってる億万長者は、持ち物で自分を飾ったり、大きく見せたりはしません。また、特別高級なレストランで肩に力を入れながら食事をしたりもし ません。   


Posted by 中村政史 at 10:30Comments(1)

2006年07月03日

運のいい人・悪い人

私の周りには、運が良くて、億万長者になった人と、運が悪くて億万長者になれなかった人がいます。運のいい人と運の悪い人をよく観察していると、何と驚きface08 ですが、どちらの人にも同じ様なチャンスが訪れているのです。
ところが、運のいい人は、そのチャンスを逃さず掴み、運の悪い人は、そのチャンスを逃がして しまいます。
よく運の悪い人に限って、自分には、チャンスが来ないなどと言いますが、億万長者もそうでない人も、実は毎日チャンスが訪れています。
それを 掴めるか掴めないかの違いです。肩の力を抜いて気持ちを楽にしているとチャンスが自然と見えて来ます。
  


Posted by 中村政史 at 10:57Comments(2)