2009年11月27日

私をスキーに連れてって

私は、大学一年からスキーを始めて、大学時代は、車山でスキーのインストラクターをやっていました。

私が富士通に入社した年に、『私をスキーに連れてって』という映画が公開され、空前のスキーブームが到来し、バブル期と重なった事もあり、その当時の若い女の子の大半が憧れていた冬の過ごし方は、お金持ちの彼氏と一緒に、クリスマスに苗場プリンスに泊まってユーミンのクリスマスコンサートに連れて行ってもらうか、バレンタインデーに同じ苗場プリンスで開催される稲垣潤一のコンサートに連れて行ってもらうかのどちらかでした。

富士通時代は、シーズンになると同僚達と毎週末スキー場に出掛けていました。

私の同世代の40代の方々の中には、その当時の事を思い出して懐かしく思える方も沢山いらっしゃるのではないかと思います。

当時、スキー大好き人間だった私にとって、この「私をスキーに連れてって」という映画と、「ユーミン」と「稲垣潤一」というのがその頃の最も心に残るキーワードです。

富士通を卒業してSunに転職し、30代を過ぎて、ほとんどスキーにも行かなくなった頃、たまたま、プライベートで稲垣潤一さん本人とお知り合いになり、何と20代の頃の憧れだった、苗場プリンスのバレンタインデーコンサートに招待して頂きました。
この時は、本当に感無量でした。

先日、その時の感動と同じような出来事がありました。

弊社のパートナーになって頂いた、ライトスタッフ社の早見社長というデザイン業界で巨匠と言われる方と東京で食事に行き、早見社長が今まで手掛けられた仕事のお話などを伺いました。

その中で、何と、その社長が私の憧れだった「私をスキーに連れてって」という映画を仕掛けた張本人だったという事が判明しました。

この「私をスキーに連れてって」という映画のストーリーの中心となるのが、「SALLOT」(サロット)という名のスキー用品のブランド(映画内だけの架空のブランド)で、商社マンである主人公の三上博史が同じ商社の中の他部門が扱っている、この「SALLOT」(サロット)というスキーブランドにほれ込んで、別の部門にも関わらす、このブランドの発表会を成功させる手伝いを行っていく中で、原田知世との恋愛話が進行するというのが大まかなストーリーです。

この、「SALLOT」(サロット)という架空のブランドのデザインを手掛けたのが、実は早見社長率いるライトスタッフ社だったのです。

早見社長曰く、実は、この「SALLOT」(サロット)というブランドを本当に商品化する計画だったそうです。

その話をお聞きして、「今からでも遅くないので、是非「SALLOT」(サロット)を商品化して下さい」とお願いしました。

多分、私同様に「SALLOT」(サロット)が商品化されたら是非1セットだけでも手に入れたいと思う40代の方々が沢山いらっしゃると思います。

  


Posted by 中村政史 at 15:19Comments(0)

2009年11月16日

男の涙

先週、弊社が設立間もない頃に販売パートナーになって頂いた九州の社長さんと飲みに行きました。
その社長は、身長も高く、強靭な肉体で、昔から喧嘩がめっぽう強かったそうです。

その社長は、常に豪快、いつもパワフルで、義理人情の厚い人物です。

そのお陰で、創業間もない弊社の可能性を評価して頂き、経営者である私と我社の商品を心の底から信用して、今のように様々な企業から評価されるような商品になるまで辛抱強くサポートして頂いております。

また、その社長の辛抱の甲斐あって、その社長経由で複数の大きな案件が発生し、弊社との協業で、内示まで漕ぎ着ける事が出来ました。

その社長とは、お互いに心底信用出来る間柄で、苦楽を共に出来る数少ない人ですが、その社長が突然大粒の涙を流しながら語った事に、私自身も共感し、思わずもらい泣きしてしまいました。

その社長曰く、
「経営を何年か続けている経営者はだんだんと哲学的になる。」

彼の哲学を端的にまとめると、

「自分だけの利益の為に、他人を騙したり、他人を利用したりしてまで、お金儲けをする気がしない」

「それよりも、かかわった皆が一緒に苦労して成功した時は一緒に「よかった」と成功を分かち合えるような友が死ぬまでに何人作れるかの方がよっぽど大事」

そして、

「このままでは、日本はダメになってしまう。」
「元々、日本人は、愛する家族を守るために、命まで掛けてきた。」
「今は、目先の損得で平気で人を騙したりする人間ばかりだ」

屈強な彼が、はじめて大粒の涙を流しました。

私ももらい泣きしました。

普段、私の周りにも、平気で嘘ばっかりつく人間が増えてきたように感じます。
そのような人を見るたびに、とても寂しい気持ちになります。

自分一人がお金持ちになって、お金目当てのホステスを口説いて、ゴルフ三昧で一見楽しそうに見えても、一緒に泣いたり・笑ったり出来る友達がいなければ、とても孤独な人生に思えますが、いかがでしょうか?







  


Posted by 中村政史 at 19:05Comments(0)

2009年11月02日

近況

久し振りにブログをアップ致します。

最近、お会いする方の大半が上場企業又は上場基準を満たす位の売上規模(売上20億円以上)の社長さんです。

社長さん達は、みんなそれぞれに個性があり、その方の考え方や経営に対する考え方など、どれを聞いても大変参考になります。
また、仲良くなって、その方の生い立ちなどもお聞きすると、現在の経営哲学至った理由なども垣間見る事が出来ます。

お陰様で、ほぼ毎日のように、色々な社長さんと直接お会い出来る機会に恵まれる自分自身の事をとても幸せだと感じます。

お会いした社長さんが全て素晴らしい方とは限りませんし、中にはガッカリさせられた方も一人や二人いる事は確かですが、特に若いビジネスマンの方々には、なるべく沢山の経営者と直接話が出来る機会が重要に思えます。

私が九州に来てからはじめた「ビジスタ」というイベントも、MovAd Japanを立ち上げてから、暫く御無沙汰していますが、九州の若いビジネスマンやビジネスウーマンのスキルアップの為には、「ビジスタ」のような機会も大切だったのでは?と感じます。

今、嘗ての「ビジスタ」に代わるような社長さんと一般のサラリーマン・OLとの接点を作るような新しい企画を進めています。

  


Posted by 中村政史 at 11:46Comments(0)