Posted by at

2006年12月29日

上場

ここ数年、色々なベンチャー企業の支援をする中で、感じた事があります。
ベンチャー企業のほとんどが、目的の一つに上場(株式公開 IPO)を掲げています。
今までも、私の支援している何社かが上場しました。
さて、上場した会社の社長は、幸せかどうかです。
私の知る限り上場した会社の社長の全てが、必ずしも幸せとは限りません。
例えば、ある会社の社長は、上場前年収6千万位取って、中洲や銀座で自由にお金を使い、休日はGOLF三昧で、面白おかしく人生を過ごしてました。
ところが、上場して1億円位の現金を手にしたまでは良かったのですが、それからの生活は「掲示板や2チャンネルに書かれたらまずい」との理由から、中洲や銀座で自由に遊ぶ事も出来なくなり、更に上場維持費用で、年間数千万円のコストが会社に発生し、そして、株主に対する責任から、株価維持の為に必死に利益を出さなければならなくなった結果、自分の給料を削って会社の利益に回さなければならなくなってしまいました。
結局、その社長は、手にした1億円で、マンションと車を買って、残りの貯金が1~2千万程度になり、年収は、半分以下に下がってしまいました。

  


Posted by 中村政史 at 17:46Comments(1)

2006年12月28日

天国の箸と地獄の箸

ある経営者の方から聞いた話ですが、天国に行った人も地獄に行った人のお箸も、ご飯を食べる時に物凄く長いお箸を使うそうです。
物凄く長いお箸なので、そのお箸を使って食事を自分の口に運ぶ事が出来ないそうです。
そこで、天国に行った人は、そのお箸を使って、他の人の口に食事を運び、今度は逆に食事を食べさせてもらった人が、その人の口に食事を運んでお返しするという事です。
地獄に行った人は、基本的に自分の事しか考えないので、その長い箸を使って一生懸命自分の口に食事を運ぼうと試みますが、何度やっても結果として料理を掴むことが出来ても口に運ぶ事が出来ないそうです。

ある経営者曰く、「お金が欲しいのであれば、まず、他人を儲けさせる事」がお金儲けの原則との事です。  


Posted by 中村政史 at 16:37Comments(2)

2006年12月26日

「すごい」

自分にとって、「すごい」と思う人が居たとします。
その時に、どれ位「すごい」のか今の自分との正確な距離を測れるようになる事が大事です。
同じ「すごい」に も「自分よりもすごい」「ちょっとだけすごい」「本当にすごい」「人間離れしてすごい」「神と思える位すごい」など、すごい人は沢山います。  


Posted by 中村政史 at 09:52Comments(4)

2006年12月25日

立ち直れないような失敗

失敗の仕方にも様々ありますが、失敗する時は”立ち直れないような失敗をしない”ように心掛ける必要があります。
という事は、人生を掛けた大勝負は、決してしないで、小さな勝負でポイントを稼いでいくような考え方が必要です。  


Posted by 中村政史 at 13:38Comments(1)

2006年12月22日

人間の厚み

成功した経験が多い人より、失敗した経験が多い人の方が人間的な厚みがある人が多いです。
失敗の経験なく成功した人は、折角掴んだ成功も長続きせずに終わることが多いようです。  


Posted by 中村政史 at 17:36Comments(1)

2006年12月20日

成功する人は、夢を語る時に、成功するまでにいくつか設定している中間の目標とそれを実現する過程を語ります。夢だけを語る人は、多分、実現出来ない人です。
  


Posted by 中村政史 at 09:17Comments(1)

2006年12月19日

一過性の大金よりも

一発で、1000万円位を稼ぐよりも、月々20万円をコンスタントに稼ぐビジネスが最後に幸福をもたらします。
  


Posted by 中村政史 at 10:01Comments(4)

2006年12月18日

長続き

何か始める時に重要なのが、長続きさせるには、どうしたらいいかという事です。
色々なベンチャー企業の創業者を見てきて思うのが、志半ばで、資金が底をつ き、ブレイクする前に潰れていく会社が、如何に多いかという事です。
どんな事業でも、最初から短期間で利益を出そうと大金をつぎ込んで勝負をせず、なるべ くお金を掛けずに、長続きするように心掛けていると、必ず大成功のチャンスが訪れます。
  


Posted by 中村政史 at 09:56Comments(1)

2006年12月15日

おしゃべり

仕事が出来る人程、口が堅く、信頼出来る人以外には情報を流しません。
信頼出来る人に対して情報を流す時には、逆に、誤解のないよう、物凄く丁寧になるべく多くの情報を伝えようとします。
今まで沢山の人と会って感じた事は、「おしゃべりな人には気をつけよう」です。  


Posted by 中村政史 at 15:25Comments(1)

2006年12月14日

楽が一番

無理して心や体の病気になるよりは、楽して健康でいる方がいいに決まっています。
見栄の張り合い・競争など、体に悪い事はさっさと辞めて、自分が最も楽で リラックス出来る生き方に切り替えられると、すごく幸せになれます。
子供の頃から染み付いた競争する習慣とは、今から強い意志を持ってお別れしましょう。  


Posted by 中村政史 at 11:16Comments(1)

2006年12月13日

臆病な先生の教え子は不幸

臆病な先生の教え子には、チャレンジ精神が育ちにくいと感じます。
どんなにいい大学に入っても、どんなに大きな会社に就職しても安定・安全など、今の世の中にはありません。
先生こそ、子供に夢を与えて、チャレンジする気持ちを育てていかなければならないと感じます。
教育者が成長することが、非常に大事だと思います。  


Posted by 中村政史 at 11:47Comments(1)

2006年12月12日

恐怖

恐怖=自分が経験した事がない事。
初めて水の中に入った時、初めてジェットコースターに乗った時、初めて大勢の人の前でしゃべった時、最初は誰でも「恐怖」を感じます。
恐怖を感じる時は、一度も経験した事がない初めての体験をする時です。
一度、体験してしまうと緊張はしても恐怖は感じなくなります。  


Posted by 中村政史 at 11:19Comments(1)

2006年12月11日

まじめな人

まじめな人=許せる事が少ない人。
まじめであればあるほど、自分に対しても他人に対しても、許してあげれる事が少なくなります。
不真面目な人程、他人に対して甘く、同時に自分に対しても甘いものです。
しかしながら、必ずしも、どちらがいいのか正解はありません。
類は友を呼ぶと言いますが、まじめな人の周りには自然とまじめな人が集まり、不真面目な人の周りには不真面目な人が集まります。
よく女性で、好みのタイプは、「まじめな人」というくせに、いつも付き合う相手は「不真面目」な人ばかりという人を見掛けます。
このような女性をよく見ると、実はその女性自身が自分に甘い人の場合が多いです。
  


Posted by 中村政史 at 15:22Comments(1)

2006年12月08日

自然の流れに耳を傾ける

何かを始めたり、何かの決断をする時、深呼吸して肩の力を抜いて、これからやろうとする事を考えてみます。
その時、何か心配な気持ちになったり、気が進まなかったりした時は、辞めたほうが得策です。
逆にその事を考えるとワクワクしてきて、楽しい気持ちになったらGOサインです。
そして、「やると決めたら結果が出るまで迷わずにやる」事が重要です。
結果というのは、必ずしも成功だけではなく、失敗も含みます。
始める時に、こうなったら成功、逆にこうなったら失敗と自分で決めて、迷わずに進みます。
で、結果が出たら、一旦考えを整理してから、次に進みます。  


Posted by 中村政史 at 12:58Comments(4)

2006年12月07日

ビジスタ終了

昨日、私がプロデュースするベンチャーに興味のある人の為のイベント「ビジスタ」を開催しました。
IMAの岩崎会長の素晴らしい講演と、梅星のライブに加え、事前予告なしのスペシャル豪華ゲストとして、福岡県麻生知事からの激励のご挨拶、そして、ビジスタ及びビジスタCEO倶楽部の最大の支援者であるピナクルの安田会長の登場など、サプライズな内容で、参加された皆さんも今回はご満足頂けたのではないかな?と思っています。
「継続は力なり」という事で、毎回着実にパワーアップしておりますが、次回も今回以上に盛り上がる様に頑張りたいと思いますので、是非、ご期待下さい。
昨日、ご参加頂いた皆様には、心から御礼申し上げます。
残念ながら参加出来なかった方々には、是非、次回のご参加をお待ちしております。  


Posted by 中村政史 at 13:42Comments(6)

2006年12月06日

恋愛と仕事

優秀な部下に一生懸命働いてもらうのと、恋人の心を掴むのとは、実は非常に似ているようです。
よく恋人との関係を繋ぎとめる為に束縛をする人が大勢います。
しかし、よ く考えると、束縛出来るのは肉体だけで、心を束縛する事は出来ません
部下も同じで、肉体を束縛して強制的に仕事をさせていても、その部下が仕事をする事に生きがいや楽しみを感じ ていなければ、やがてその上司や会社の元を離れて行きます。

  


Posted by 中村政史 at 11:11Comments(1)

2006年12月05日

霊感・予知能力

「私は霊感や予知能力を持っている」という人と何人か会った事があります。
僕の会った人は、皆、悪い「気」を感じると具合が悪くなると言います。
例えば、悪い「気」を持っ ている人とは近づかない方がいいとか、悪い「気」がある場所には、いかない方がいいとか言います。
僕が会った霊感や予知能力を持つ人に共通しているの は、「体が弱い」という事です。
元々「体が弱い」為に、健康な人にとっては何の変化も感じない事でも、例えば汚れた空気を吸ったり、気温の差が激しかった りすると途端に彼らの体は、反応してしまいます。
最近思っている事は、きっと人間は誰でも、霊感や予知能力を持っているのではないか?ということです。
昔から「第六感」などと言いますが、「何となく悪い予感がする」と思った事で、「やっぱり」そうだったという事が誰でも一度や二度あると思います。
普通の人は、健康な状態では、 身体に影響が出ない為に、はっきりと感じないだけだと思います。
  


Posted by 中村政史 at 16:07Comments(1)

2006年12月04日

過去の失敗

歌手志望の女性と話をしました。
彼女は、過去に水商売をしたことがあり、それを気にしていました。過去の失敗は誰にもあります。
今を時めく売れっ子歌手で も以前は、過激なサービスをする水商売をしていた人などもいます。
過去の失敗など別に何の障害にならないのが現代です。
逆に失敗をしていない方が怖いです。
また、ある学生と話をしました。
ある学生は、ベンチャー企業を創業したいと思っていますが、失敗するのが怖くて創業する勇気がないとの事です。
失敗して初めて自分の実力が分かります。
そして、改善すべき点が分かります。
更に、二度と同じ失敗を繰り返さないで良くなり、成功する確率が高まります。

  


Posted by 中村政史 at 13:18Comments(1)

2006年12月01日

ピュアな心

純粋でなければ、ピュアな気持ちになれないかというと必ずしもそうではありません。
逆に不純な事を散散してきた人の方が、様々な本質を見てきた結果、自分が大事だと思ったとき疑う事のないピュアな気持ちになれるような気がします。
純粋な人は、時として本質を見極められずに、大きな勘違いや錯覚をしている場合もあります。
  


Posted by 中村政史 at 14:31Comments(1)