Posted by at

2006年09月06日

ITバブル(変な話)

ITバブルの時、ベンチャーキャピタルからや、上場した会社が証券市場から調達したお金はどこに流れたか知ってますか。
そのお金の多くが実は銀座や六本木 のおねーちゃんのいる店に流れています。
地方活性化や、地域の新産業育成など、色々な地方自治体が様々な取り組みをしていますが、実は大事なところが抜け ていたりします。
それは、変な話、実はお金を落とす楽しい場所作りだったりします。
それがあると、勝手に人が集まってきて、人が集まると行政が何もしなく ても、経済が活性化して新しい産業が勝手に生まれちゃったりします。
長崎の友人に聞いた話ですが、かつて長崎には、非常に大きな歓楽街があったそうです。
それが理由で、幕末の維新の中心人物が長崎に集まり、坂本竜馬が中心となってあの海援隊を結成するに至ったという嘘のような本当の話があるそうです。
  


Posted by 中村政史 at 17:09Comments(5)