Posted by at

2006年09月12日

ある上場企業の社長の悲劇

私の知ってる、ある有名な上場企業の社長は、サラリーマン出身でずっと営業畑を過ごして、前社長の薦めで今の会社にNo2として転職し、その後その会社 は、めでたく上場を果たして、彼は、社長に就任しました。
そして、彼は、持っていた株で、何十億円ものお金を得ました。
その後、その会社の株価は急落し、沢山の投資家の資産が10分の1位になりました。
ある時、彼のスケジュールを秘書に 確認したところ、株主総会のリハーサルで一週間全てのスケジュールが埋まってました。
上場する前は、自分の時間と会社のお金を自由に使えた人が、個人的に お金持ちになった今、自分の時間と会社のお金を自由に使えない立場にいます。
因みに、前社長は、一生かけても使えない位のお金と自由な時間を手にした反面、被害を被った投資家筋の怖い人から命を狙われるようになり、表舞台から身を隠して生きています。
  


Posted by 中村政史 at 16:40Comments(1)