2007年10月09日

湯布院の秋

都会の生活とは違い、私の家のある高原は、すっかり秋の季節になりました。
家の中に居ても肌寒い程の気温になり、そろそろ薪ストーブを焚く準備をしなければならない時期です。

という事で、昨日までは、「薪作り」に精を出して、前に作った「薪小屋」2棟分が一杯になる位の薪を作りました。
来週末は、もう一棟「薪小屋」を作って、冬に備えたいと思います。

また、今回は、庭に自生している栗の木から栗拾いをして、栗ご飯にして秋の味覚を堪能しました。
普通のスーパーで売っている「栗」と違って、小粒で、皮をむくのも一苦労でしたが、その分、甘みが凝縮されている感じで、とても美味しく頂きました。

そして、趣味のオーディオでは、やっと好みの「スピーカーケーブル」を手に入れて、その取り付けを行いました。
これが、簡単なようで、実は大変な作業で、私のスピーカーは、高音・中音・低音用に専用のパワーアンプがあり、高・中・低のスピーカーとアンプとをそれぞれ直結しなければならない為、スピーカーケーブルは、計6本必要です。
これを、全て同じ長さに切断して、床下を通して結線し、更に、アンプのつまみを微調整しながら、バランスを整えていかねばなりません。
結局、途中までの作業で断念して、今度の週末で完成させたいと思っています。

さて、私が理想とする「音」にどれだけ近づける事が出来るか?
楽しみです。



Posted by 中村政史 at 13:34│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。