2007年09月27日

時代の流れ

今日、私にとっては衝撃的な話を聞きました。
あるプロカメラマンの方とお話して、現在は、プロカメラマンではメシが食えないという話です。
カメラマンのギャラは、私がカメラマンをしていた頃からは想像が出来ない位安くなっていて、仕事の数も信じられない位、少なくなっているそうです。
かつては、花形商売で、プロカメラマンと言えば、周りの人から羨ましく思われた時代もあった訳ですが、今や、満足にメシも食えない状況にあって、残念ながら廃業する人も多いそうです。
カメラマン同様、歌手や芸能人も同じ状況です。
CDが売れなくなった現在では、かつて、私達が憧れだったスター達が、CDを出せないという時代になっています。
芸能人にも沢山の友人が居ますが、かつてスーパースターだった人でさえ、ここ数年CDを一枚もリリース出来ずに、収入もほとんどないという様な有様です。
何故?????
時代の流れというものは、恐ろしいものです。
この変化の激しい状況を如何に生き抜いていくかという事を真剣に考えなければいけません。
数年前の成功パターンは、既に陳腐化している事かも知れません。
ちょっと気を抜いていると、あっという間に時代が変わっているかも知れません。
常に、柔軟な心を持ち、常に自分を変化させていく必要があります。
「昔取った杵柄」が通用する時代ではない事を痛感しました。企業も個人も、毎年毎年、変化する事が求められる時代となってしまった様です。
でも、見方を変えると、誰にでもチャンスがある時代だと考えられます。
何故なら、昨日のスターは、明日は落ちぶれてしまっているかと思うと、昨日まで日陰の存在だった人が明日はスターになっている可能性も同じだけあるからです。



Posted by 中村政史 at 00:03│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。