› 100人の億万長者 ~肩の力を抜いて成功する方法~ › パニックとリスクマネージメント

2009年01月29日

パニックとリスクマネージメント

弊社の社員や販売パートナーの方から、毎日のように様々な問題提起を受けます。
その問題を解決しなければ、「会社の存続にかかわる」というような問題提起です。

問題提起をする人は、ほとんど「パニック状態」です。

私がサンに入った時に最初に受注した仕事は、日本初のダウンサイジングで、富士通のメインフレームで動いているシステムをサンのサーバーとPCに置き換えるというシステムでした。

売上規模は、全体で24億円だっったと記憶しています。

そして、カットオーバーの期日は、受注から一年後でした。

で、一年経過した結果、結局開発したシステムは動きませんでした。

正確に言うと、プログラムは完成しましたが、朝までに終わらなければいけない前日の売上結果の集計が、午後まで掛かってしまい、使い物にならなかった訳です。

エンジニアは、その当時の技術力を結集して、一生懸命データーベースのチューニングを行い、何とか早く処理が終わるように努力しましたが、期日の一年後には結果が出なかった訳です。

日本初のダウンサイジングの事例で、コンピュータ業界で大変話題となった案件だった為、一年後にカットオーバー出来なかった事は、その当時、マスコミの格好のネタとなって、コンピューター専門誌紙上では、散々悪口を書かれました。

ところが、それから数カ月後にサンの最新コンピュータが発売になり、性能が格段にアップした為に、ハードウェアを交換するだけで、プログラムのチューニングなしに動いてしまいました。

その時、大切な事を知りました。

「時間が解決する」

瞬間的に問題が発生し、その事にパニックして「大変だ。大変だ。」という時、もしかすると、一週間時が経てば自然と解決してしまう事は、世の中に沢山有ります。

瞬間的な問題にパニックする事なく、「解決する時を待つ」という事をその時学びました。



Posted by 中村政史 at 02:08│Comments(2)
この記事へのコメント
新着より失礼します。

なるほど「!」と思ってしまい、
過去記事をずっと見てましたw

久しぶりに
私にとって理路整然とした
共感というか…
納得!しながら見入ってしまいました(^^;)

この携帯事業は…
多分どこかの末端で繋がっているかもしれませんね。
Posted by 式 at 2009年01月29日 02:41
式さん

コメント頂き、誠に有難うございます。
是非、何かご一緒に出来る事があればと思います。
もし、お暇な時があれば、暇つぶしに弊社に気軽にご連絡して下さい。
(過去のブログに弊社のURLがありますので、気軽にコンタクトお願いします。)
「末端のつながり」とても大事な事と改めて思います。
Posted by 中村 at 2009年01月31日 00:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。