Posted by at

2007年12月04日

女性の意識改革

今日、ある経営者の方とお話していたら、その方から大変ユニークな問題提起をされました。
なんでも、最近その方は何人かの女性に続けてフラれてしまったそうで、別にフラれた事については、お互いの気持の問題なので、仕方のない事と別にクヨクヨしている訳ではないのですが、交際を申し込んで、その断りの理由が納得できないとの事でした。

その理由とは、「彼氏が居るから、お付き合い出来ません。」というごく一般的な理由なのですが、その彼氏というのが曲者です。

何と、ここ数回続けてフラれた相手には、全員「フリーター」の彼氏が居たそうです。

それからの話の展開が面白かったのですが、
「今のままでは、フリーターには決して敵わない。何故なら、フリーターだけに時間はいくらでもあるので、いつも彼女の傍に居たり、電話をしたり、メールをしたりする時間がある」
「そして、女性は、いつも自分の傍にて、いつも連絡してくれる彼を優しい人だと思う。」

で、その社長曰く、

「一生懸命働きもせず、何かに向かって頑張っている訳でもない男の事を、優しい彼氏と思っている女性が多く存在している事が、世の中を悪くしている。」
「女性の意識改革をさせて、一生懸命働いていたり、何かに向かって頑張っている男性が、女性にモテるようになれば、きっと男も一生懸命働いて、努力するようになるだろう。」
との事です。

そのユニークな理論をお聞きして、私も、その社長をはじめ九州の経営者達が、モテモテになれば、きっとその人達のように成りたいと思う若者が増えるだろうと感じました。

「○○社長、是非、九州の為に、頑張ってモテモテになって下さい!!」

  


Posted by 中村政史 at 16:23Comments(4)