Posted by at

2007年10月29日

良かれと思って

人は誰しも、ある人に対して、「良かれと思って」した事が裏目に出る事がしばしばあります。
例えば、社員に対して、「良かれと思って」アドバイスをした事が、その社員にとっては、大きなプレッシャーとなり、結果的に自信喪失の原因になったり、折角、将来有望な人材が潰れてしまう事もあります。
又、夫婦関係でも、「良かれと思って」していた事が、気がついたら奥さんのプレッシャーになり、結果として離婚につながってしまったりという夫婦を何組も知っています。

「良かれと思って」している人は、「あなたの為を思って言っている」のだと必ず言います。
そして、そこには嘘はなく、心の底から、相手の事を思っているのです。

しかし、これが問題です。

私自身も、つい最近、「あなたの為を思っている」という人に、親切心で色々とやって頂いた事が全て裏目に出てひどい目に会いました。

何故、そうなってしまったかと言うと、私が目指している事や大事にしている事と、その人が目指している事や大事にしている事が全然違ったからです。

その事を、「はっきり伝えていない」自分が悪かったと心から反省しています。
その人に対して、「ちょっと違うけど、自分の事を思ってやってくれているのだから」という気持は、ある時、命取りになる可能性があります。

  


Posted by 中村政史 at 17:42Comments(0)