Posted by at

2007年09月01日

敬語

学生時代の時、一年でも年上で先輩の人は、それだけで、自分よりも絶対的に上の立場の人で、特に体育会系の部活をやっていた人は、先輩には必ず敬語で話すのが鉄則です。
逆に後輩に対しては、強い立場で、名前を呼びつけにするのは当たり前、更に、命令には服従を求めるのが当たり前でした。
社会人になって、更に転職して中途採用されたりすると2~3年の年齢差は、あまり関係なくなってきて、年下の人が自分の上司になったり、逆に年上の人が自分の部下になったりします。

成功者の人にほぼ共通するのは、年齢や役職に関係なく、同じ社会人同士の人に対しては敬語で話す人が多いです。
そういった人は、自分よりも何歳も年下で社会的な立場も圧倒的に低い人の名前を呼ぶ時も必ず「○○さん」又は親しみを込めて「○○君」と呼び、敬語で話をします。

これは、絶対的な法則ではないのですが、年下と聞いた瞬間に、名前を呼びつけにしたり、「○○ちゃん」とちゃん付けで呼んだりする人は、成功者になって人の上に立つ人間になる確率が低いようです。
  


Posted by 中村政史 at 00:19Comments(3)