2007年08月16日

湯布院の夏

初めての夏を湯布院で過ごしています。
ここ数日は、湯布院の家で、冬に備えて薪を備蓄する為の、薪小屋を廃材を利用して作っていました。
やっと2棟ほど、薪小屋が完成し、これから薪作りを開始します。
薪作りには、チェーンソーと斧と電動丸ノコを使用して、薪ストーブの大きさにあった、40cmの長さに薪を切ったり割ったりしていきます。

湯布院の我が家は、山の頂上付近にある為、夏でも涼しく、今まで一度もクーラーを使わずに生活しています。
(折角、奮発して大型のクーラーを買ったのにもったいなかったです。)
特に、夜は肌寒い程で、何日かは、長袖のトレーナーを着て寝ました。

また、家の明かりに集まって「カブトムシ」が二匹ほど我が家に訪れてきました。
ペットショップなどで売られているもの以外で、「カブトムシ」を見るのは、小さい子供の頃以来で、久しぶりに童心に帰って、良い気分になりました。

ある人に聞いたところ、庭のクヌギの木に傷を付けておけば、その樹液に、朝には沢山の「カブトムシ」や「クワガタ」が集まっているとの事ですので、「小さなお子さん連れで、我が家に遊びに来る人がいた時の為に」、是非、実践してみたいと思います。




  


Posted by 中村政史 at 11:43Comments(2)