2007年08月02日

私が得意な事

今週は、ゆっくりと今後の計画を練ると決めて、まずは、私が得意な事は何かという事を過去の人生を振り返りながら考えてみました。
また、私が何かを始める時のモチベーションの源泉がどこにあるかを同時に考えてみました。

色々と過去を振り返る中で再確認したのは、私自身の根底にあるのは、正しく「コンプレックス」だと言うことです。
どんな「コンプレックス」かと言うと、外見的なコンプレックス、学歴コンプレックスなどです。

今の日本では、残念ながら大学入試の時に、ほぼ人生が「勝ち組」グループに入るか「負け組み」グループに入るかが決まってしまいます。
有名大学に入れば、一流企業へ就職出来て、高い年収と出世コースへの道が開かれます。

逆に、大学入試に失敗すると、その後の人生の選択肢は、当然、狭まっていきます。

私は、大学入試に失敗して希望する大学を全て落ちて、浪人生活を経て、ぎりぎり中堅私立大学に引っかかって入学しました。

この時点で、普通に就職すれば、せいぜい大企業の中間管理職で課長か、定年間際で部長になれるかどうかといったところです。
同じ大学の同級生達も、大体、国立大学や早慶を目指して落ちた連中が入って来ていたので、何とか一発逆転する為に、司法試験の勉強したり、公認会計士や税理士を目指している連中も多くいました。

そこで、私の選択としては、「ベンチャー企業を作って一発逆転を図ろう」という発想でした。
運よく、私の作った会社(みたいなもの)は起動に乗って、豊かな学生生活をエンジョイする事が出来ました。
但し、その会社で儲かったのは良かったのですが、今後、社会で戦っていくには、あまりにも経験が少なすぎるという点で、このまま会社を続けて維持・成長させて行く事に大きな不安と限界も感じました。

そこで、世の中の仕組みや仕事のやり方を勉強したいと思って一旦就職する事にしました。

ここで、またしても運の良い事に、大学に入ってからほとんど授業にも出ず成績も一番悪かった劣等生の私が、たまたま学生時代に会社を作って成功した経験があると言う事で、大企業に就職する事が出来ました。

それから、色々な事があって、決して順調ではない社会人生活を送りながら、富士通⇒サン・マイクロシステムズを経て、九州大学の教授になり(もし、大学入試の時、九州大学を受験していたら、間違いなく不合格だったと思います。、)
今は学生時代の頃に戻って自分の会社を作って、取り合えず「飯が食える」という状況になりました。
その間、プロカメラマンとしてデビューして複数のファッション誌のグラビアを撮影するという幸運にも恵まれました。

多分、私の根底には、「大学入試だけでその後の人生が決まってしまう」という事に対して「そんな事はない。やる気になれば、大学入試に失敗しても、いつでも逆転は出来る」という事を実践してみたいというのがモチベーションだと思います。

皆さんの中にも、同様に学歴がないからという理由で人生を諦めてしまっている方や、今の現状で満足なんだと無理やり心に言い聞かせている方もいらっしゃると思いますが、「決して、そんな事はない」という見本を示してみたいと思うと同時に、私と同様の悩みを持つ人達が人生の一発逆転を図る事のお手伝いが出来ればと思っています。

多分、私の得意なところは、普通の人が見逃してしまうような小さな可能性を見つけて、それをバックアップをする事で、その人の才能や価値を世の中に分ってもらうという事かと思います。



  


Posted by 中村政史 at 16:09Comments(2)