2007年04月17日

繰り返し

人間は、生きていると必ず問題が目の前に起こってきます。
その時、その問題から上手に逃げる事が出来ても、必ず同じような問題が近い将来起こってきます。例えば、社長が仕事に熱心すぎるとついつい部下に対して厳しくなり、その結果、優秀な社員が辞めてしまうという事がままあります。
最初は、その社員が問題児だったと思っていますが、また、同じように会社を辞めたいと言い出す社員が現れます。
そこで、社長は初めて自分が部下に対して厳しくあたりすぎていたのだと自覚します。
それから、なるべく社員の気持になるように心掛けますが、またしても、辞めたいと言い出す社員が現れます。
来る日も来る日も同じ問題で悩む日々が暫く続きますが、その内に、気が付いたら社員が辞めない会社になっています。
自分自身で反省して、もう二度と同じ過ちはしないと心に決めている間は、実は同じ問題が繰り返し起こって来ます。
いつしか同じ過ちは繰り返さないと心で強く意識しなくても、自然と態度や心配りが習慣となった時、この問題は目の前に現れなくなります。
自分の欠点を克服するのには、時間が掛かります。
気が付いたらすぐに直るものではありません。
また、無理やり直そうとすると逆に反作用が起こってきます。
問題が起こった時に一番大事な事は、問題からいきなり逃げるのではなく、まずは、目の前の問題を正直に受け止めて、何回でも同じ過ちを繰り返して、その時その時、その問題と上手に付き合っていく内に、いずれ同じような問題が起こらなくなって来ます。
例えば、恋愛でも、何故か良い人と思って付き合うと、必ず遊び人を選んでしまうという人がいます。
これも同様で、次は同じような人は絶対に選ばないと心に決めていても、また同じようなタイプを選んでしまいます。
このような人に大事なのは、あえて自分の好みでない人を選ぶ事を諦めて、あくまでも自分が良いと思う相手を選び続けている事です。
その内に自然と自分の考え方や好みが変わって、遊び人に魅力を感じなくなっていきます。
私の知っている成功者は、何度も何度も同じような過ちや失敗を繰り返しながら、最後に自分の欠点を見事に克服して成功を収めています。  


Posted by 中村政史 at 17:03Comments(3)