2007年03月29日

自信喪失

自分が絶対的に自信を持っている事を否定される事があります。
私の例で言うと、ホームパーティや交流会、成功する経営者の考え方や営業手法などです。
ホームパーティや交流会などは、学生の時から20年以上続けていて、様々な著名な経営者や誰もが知っている芸能人など多数の方々が私の主催するイベントに参加して、いまだに「あの時のイベントは最高だった」と言われたりします。
また、経営者の考え方については、お話をお聞きしたり、直接交流のある経営者の数だけ言うと、福岡でも上位にいると自負しています。
営業手法に関しては、日本と米国のIT系TOPメーカーでTOPセールスになって表彰された経験があり、自分なりには自信を持っています。
しかしながら、最近、私の考え方を否定される事が何度かありました。
一言で言うと、「東京では通用するかも知れないが福岡では通用しない」というような内容です。
東京の成功者に私が主催したイベントのビデオを見せると、心から評価してもらえるのですが、福岡の人に見せると、沢山駄目出しをされます。
必ずしも、東京の文化を福岡に押し付ける気はさらさらないのですが、やはり、落ち込みます。

福岡にいる以上、福岡の人に共感してもらえる様に自分の考え方を変えるべきだと思う反面、福岡を国際都市として逆に東京や海外から来た人が「レベルが高い」と思ってもらえるようにした方が良いと思う気持と悩んでいます。

今、東京や海外の「高感度」の人達に福岡を注目してもらおうと画策しているところで、私はどうすべきなのかをゆっくり考えてみたいと思います。
  


Posted by 中村政史 at 23:34Comments(5)