Posted by at

2007年03月01日

自然の法則に学ぶ

今日、ある億万長者の方から、「成功する為の7つの法則」をお伺いしました。
その方は、約5年である事業を170億円まで育てた実績を持ち、現在も毎年毎年順調にその事業を伸ばして急成長させています。
お聞きした7つの法則全てが、非常に具体的で参考になるお話でしたが、特に印象深かった法則をご紹介します。
これは、「自然の法則に学ぶ」という話です。
事業活動や日常生活においても、突然の災難に見舞われる事は誰でも経験がある事だと思います。
その災難や難題が降りかかった時に、我々は、悩んだり、落ち込んだり、傷ついたりします。

そして、暫くその出来事を引きずってしまって、精神的にまいってしまう事もしばしばです。

「私は何も悪い事をしていないのに、何でこんな難題が降りかかってくるのだろう?私は本当に運が悪い」などと思いがちです。

しかしながら、「自分が一つも悪い事をしていなくても、難題が降りかかる事は、自然の中では当たり前の事です。

「例えば傘を持たずに外に出てしばらくすると雨が降ってきたり、突然寒くなったり、暑くなったり」「自分は何も悪い事していなくても、自然は勝手に難題を降りかけて来ます。」
そこで、この億万長者の成功法則の考え方は、「難題が降りかかってきた時の対処の仕方で人生の成否が決まる」というものです。
「難題が降りかかって来た時に、落ち込んだり、悩んだり、諦めたりせずに、様々な対処の方法を考えるという事が重要」との事です。

「ある時は、雨が降ってきたら、急いで家に帰って避難する事もあるでしょうし、コンビニで傘を買う事もあるでしょうし、小雨なら、しばらく濡れたままにしている事もあるでしょう。」
また、その方は、10年後・20年後に実現している成功した自分のイメージを作る事で、「現在の困難について、どのように対処をするべきかという風に考えている」との事です。

自然の法則を学ぶと、これから、何があっても「落ち込む」事は少なくなると思います。  


Posted by 中村政史 at 15:43Comments(1)