Posted by at

2007年02月28日

おびき寄せ

私が尊敬する、ある億万長者から聞いたお話です。
その億万長者が日頃、最も注意している事は、「おびき寄せ」という事だそうです。
この「おびき寄せ」とは何かというと、簡単に言うと、運の悪い人と付き合うと更に「運の悪い人をおびき寄せてしまう」という事だそうです。
その億万長者は、具体的な事例をいくつか話して説明してくれましたが、その一つは、ある運の悪い親戚の家に行った時、その主の高齢の叔父さんが居て、その人にお邪魔したお礼にお小遣いをあげたそうです。
そうしたら、その横に奥さんがいて、羨ましそうな顔をしていたので、その人にもお小遣いをあげたそうです。
そうしたら、次々にそこの子供や孫が出てきて、結局、その人達全員にお小遣いをあげる羽目になったそうです。
それまでは、まだ、良かったのですが、そこの家族と話ている内に、その娘婿か誰かの話になり、サラ金か何かで借金を抱えて大変だと言うような話を聞かされ、遂には、その借金を肩代わりしてもらえないかという相談をされるに至ったそうです。
気軽な気持で数万円のお小遣いをあげたが為に、数百万の借金の肩代わりをしなければならなくなったそうです。
その億万長者曰く、お金の使い方を間違えると、悪い話を「おびき寄せる事になる」と言ってました。
お金持ちになるには、「運の悪い人とはなるべく付き合わずに、お金を使う時も自分にとっては大した金額ではなくても、運の悪い人に気軽に与えるものではない」と言っておりました。
そのような事を注意していないと、結果として「悪い運をおびき寄せてしまう事」になってしまうそうです。  


Posted by 中村政史 at 14:03Comments(1)