Posted by at

2006年08月25日

億万長者になるには、日本のどこが一番いいか

これから就職したり転職したり、会社を作って独立したりして億万長者を目指すには、日本のどこが一番いいと思いますか?
それはズバリ福岡だと思います。
福岡は、日 本の中で最もアジアに近く、東京的な都会の部分と田舎の部分が丁度良くミックスされ、食事が美味しく、海・山のレジャーが気軽に出来て、温泉とゴルフ場が 近くに沢山あります。
それにも係わらず、生活費を含むランニングコストが極めて安いエリアです。
環境的には、かつてのシリコンバレーが持つ環境の要素と極めて類似しています。
また、会社を作る場合に、福岡県をはじめ各市町村など、行政の支援が全国でも最も強いエリアでもあります。
「福岡で創業して、東京の会社と仕事をする。」これが成功への近道です。  


Posted by 中村政史 at 18:38Comments(3)

2006年08月25日

シリコンバレー成功の本当の理由

12年前、僕が初めてシリコンバレーに訪れた時、いくつかのベンチャー企業(今では皆、有名な企業となっている)に訪問し、色々な話を聞きました。
そこで、ある企業の社長に質問したのが、「TOTAL COSTを社員数で割ると一人当たり幾らですか?」という質問です。
その答えは、何と「年間一人当たり350万円」という今のシリコンバレーでは考えられないような金額でした。
余談ですが、その当時、スタンフォード大学の周りの高級住宅街のプール付きの一戸建ての値段は、約3000万円だったのです。
その社長に、「よくそんなに安い給料で優秀な社員が雇えますね?」と質問したら、「社員全員にストックオプションを配っているので、会社が上場したらみんな億万長者になるから、安い給料でも一生懸命働くのです。」という答えでした。
最近のシリコンバレーに行って話を聞くと、「VCから10億円集めた」とか高級住宅街の一戸建てが「数億円」とか、12年前からすると桁違いの数字を耳にします。
正に「お金」「お金」「お金」で、一攫千金を夢見る人達が世界中から集まっているマネーゲームのゲームセンター状態です。
しかし、シリコンバレーから世界的な企業が多数誕生した本当の理由は、1.コストが安かった 2.スタンフォード大学を中心に「優秀な人材が集まっていた」というのが本当の理由です。
では、何故、優秀な人材が集まっていたかと言うと、それは「お金目当てではなく」スタンフォードを中心に優秀な技術者が居て、その人達から直接学びたいと思う優秀な学生が集まって来たというのが本当の理由だと思います。
僕が所属していたサン・マイクロシステムズも、その当時、シリコンバレーに本社がありましたが、そこには大半が技術者で、営業の大半はニューヨークのウォール街を主戦場としていました。
  


Posted by 中村政史 at 08:34Comments(0)