Posted by at

2006年08月14日

流れを読むセンスを磨く

センスを磨く為に、まず、最初にやらなければならない考え方があります。
この考え方を持たずに、いくら努力をしても、いい結果につながりません。
(誤解が ないように説明すると、努力をした事は、結果が出てこないだけで、決して無駄にはなりません。)

この考え方とは、追いかける方に回るか、追いかけら れる方になるかです。
お洒落に敏感な人は、雑誌などで、いち早く今年の流行や流行りそうなアイテムをキャッチして、自分のファッションにしています。
でも これ人は残念ながら追いかけている方の人です。
追いかけられる人は、どんな雑誌にも取り上げていないアイテムを見つけて、これをどうゆう風にすれば、流行 するだろうか?というのを常に考えています。
この考え方をあらゆる日常生活に応用して、次世代のヒット商品を妄想する事は、流れを読むセンスを飛躍的に向 上させます。
  


Posted by 中村政史 at 15:14Comments(1)