Posted by at

2006年07月31日

楽して億万長者

私の知ってる億万長者のほとんどが、楽して億万長者になっています。
一番多いのは、何を隠そう株です。
世界で一番有名な成功者の一人に、鉄鋼王のアンドリューカーネギー(あのカーネギーホールを作った人)がいますが、アンドリューカーネギーが最初に事業の元手を作ったのも、その当時正に発展していた鉄道会社への株式投資との事です。
私の知ってる億万長者には、株の運用を積み重ねて億万長者になった人も居ますし、たまたま 就職したベンチャー企業が上場して社員持ち株会で買っていた株で億万長者になった人や、外資系でストックオプションを貰って、億万長者になった人もいます。
ベンチャー企業を自分で起こした青年実業家の知り合いも沢山いますが、案外、忙しいばっかりで、個人的にお金持ちになった人は少数派です。(この少数派が、実は億万長者を遥かに超えた資産家です。)
ただし、株で儲けた人と自分で会社を創業して億万長者となった人では、明らかに充実感が違います。
私の知り合いの友人で、株で何と600億円の現金を手にした人がいますが、その人は、一本100万円以上の40年物のロマネコンティを1700本所蔵して、朝からロマネコンティをノルマのように飲んで、昼からゴルフに行き、夕食で、またロマネコンティを飲む生活をしているそうです。
私の知り合い曰く、「彼を見ていて幸せとは思えない」と言ってました。


  


Posted by 中村政史 at 11:45Comments(1)